Amazonはスーパーよりも安い商品が多い!

更年期の吐き気ってあるの?40歳前後から気をつけたい3つのこと!

吐き気

この記事では、更年期にある吐き気についてまとめています。

 

ある時、いつものように仕事に行ったり家事をしていたら「オエッ…」気持ち悪い!

のろままさん

妊娠中のつわりのように吐き気がすることありませんか?

 

えっ!?妊娠なんて心当たりないけど、これって何?更年期の吐き気が起こる原因を知っていれば、対策することができて元気で自分らしくいることができます。更年期でツライなんて、もうありません。

 

更年期で吐き気がしてツライ!

35歳過ぎた頃から、急に気持ちが悪くなって吐きそうになることがありますよね。口の中に大量の唾液が出てきて、心配になります。これは、更年期の症状のひとつです!

 

吐き気が強いので、もどしてしまうのでは…っと思いますが実際に吐くまではいかず時間が経つとともになくなっていきます。

なぜ更年期の吐き気っておきるの?

更年期

嫌な吐き気は、自律神経の乱れで起きることが分かっています。ですから、ストレスがたまって疲れたなーっと思うときは注意した方が良いですね。

 

そして、更年期で女性ホルモンが減っていくると吐き気も良く起こります。

 

突然なので、つわりのような感覚になりますが年齢による体の変化が始まったサインですよ!

更年期の吐き気対策

吐き気を軽くする3つのポイント
①女性ホルモンを補う

②自律神経の乱れを整える

③体を冷やさない

 

女性ホルモンを補うことができれば、更年期特有の症状である吐き気が軽くなります。なぜなら、更年期っては女性ホルモンが激減する事で起こる不快な商品をだからです!減ってしまったなら、注入してしまえばいいのです。

 

自律神経の乱れを整えることができれば、更年期と上手に付き合うことができます。なぜなら、自律神経が穏やかな場合では症状が出にくくなるためです。ヨガなどは、代表的なもので心と体が健康になりますね!

 

女性は、子宮を冷やすと更年期の不快な症状が悪化します!なぜなら、血の巡りが悪くなってしまうためです。冷えにより、吐き気も頻繁に出でくるようになります。

おすすめの更年期吐き気を軽くする方法

辛い・すっぱい・苦いものを食べる

辛い食べものである、生姜やニンニクやネギ。すっぱい食品の酢や梅干し。苦い食べものである、シソやゴーヤを普段の食生活に取り入れます。

 

自律神経の面からいうと、刺激のある食品が交感神経を優位にして、体内から追い出そうと血行がよくなるため効果的です。

ピンクのバラで女性ホルモン増加

更年期

フラワーセラピーという、薬に頼らない自然療法があります。

 

中でも、ピンクという色は疲れた心を回復されてくれる働きがあり、バラの香りには神経の緊張をほぐす効果があるためおすすめです。

 

一輪でもフラワーセラピーの効果があるのでやってみてください。

塩ブラジャー

更年期

塩って、大昔から不浄わ悪いものを追い払うとされてきました。東洋医学では、気の流れをよくすると使われています。

 

そんな塩を、ティッシュにくるんでブラジャーのカップのポケットに入れる塩ブラジャー!

 

塩のパワーが、血液循環や感情をコントロールし不快な症状を改善するのに役立ちます。

 

身近にある塩ですが、確かに不幸があった際にまいておかないと気分がわるいものですよね。

 

更年期の邪気を追い払ってみましょう。

なぜ更年期に自然療法がおすすめなのか?

更年期に入って、産婦人科を受診した私ですが処方された薬を飲んでも良くなった感覚がありませんでした。

 

症状が軽くなったと感じたものは、薬に頼らないものばかりでした。私がやったのは食生活にハーブや漢方を取り入れてみたり、ヨガをやりました。

 

玄関には、よく行くスーパーで売っている花束を500円ほどで買い飾ると、すぐに気持ちがほっとしたんです。

 

塩ブラジャーは、最初は変なの…っと思いましが、お守りのような役目となり心強いものです。

更年期の吐き気のまとめ

根本の原因から更年期の症状を良くしたいなら、自然療法が一番です。

 

なぜなら、薬は対処療法に過ぎないから!!体の本質は何も楽にならないし、薬さえ効かない状態がほとんどです。

 

更年期は、ライフスタイルにおいて様々な問題が起こる時期ですから、長く薬を飲むことはしてほしくありません。