勉強の息抜きをAmazonビデオで!

まなびwith(ウィズ)小学生5年生の口コミ・評判・料金!チャレンジとの比較

まなび

この記事では、CM放送中の新しい通信教育まなびwithについて紹介します。

 

「いよいよ高学年、勉強大丈夫かなぁ…」って気になりますよね!

 

 

ママ

まなびwith(ウィズ)を試した人の口コミが知りたい。

 

小学5年生は、1日当たりどのくらいなんだろう!

 

進研ゼミとどっちがいいんだろう…

 

 

という事がわかればいいですよね。小学5年生の子供がいる私がチャレンジを受講し、まなびwithのお試し教材を試してわかった感想をお伝えします。興味がある方は、参考にしてください。

 

まなびwithの口コミ・評判

国語の問題が学校では出てこないといがあって面白い。

小5保護者

 

小5保護者

作文が家で勉強できるのが良い

 

考えをまとめる思考達人ツールがすごいと思った

小5保護者

 

小5保護者

思考の整理方法のバタフライチャートは親でも楽しく考えられた

 

大根と人参どんなところがにているの?と言う記述問題が面白かった

小5保護者

個人的なことをいうと「思考の達人ツール」という学びが超スゴイと思っています。なぜなら通信教育で取り入れているのはまなびwithだけだから!

 

どんなものかというと、自分の考えを整理するときにつかいます。小学5年生だったら、日記や夏休みに大量に出る作文に活用できるのでいいし、大人になってもビジネス書にのっているほどの内容だから一生モノですよ!

まなびwithとチャレンジとの比較

1. まなびwithとチャレンジとの料金比較

まなびwithとチャレンジの比較
まなびwith チャレンジ
12ヶ月一括払い 4,208円
年 50,496円
5,223円
年 62,676円
6ヶ月一括払い 4,284円
年 25,704円
5,646円
年 33,876円
毎月払い 4,590円 5,871円

のろまま

おぉー!まなびwithはママのお財布に優しい通信教育だなぁ。

 

月額1,000円も違うと1年間で12,000円くらいの差が出てくるでしょー。

 

この料金の差でみると、まなびwithの勝利に決定!

2.まなびwithとチャレンジの目安勉強時間比較

1日目安時間 1か月の量
まなびwith 5年生 約50分 約22日分(国・算・英)
チャレンジ 5年生 約15分 約15日分(国・算・社・理・英)

のろまま

まっ…まなびwithは1日50分もやるの!?

 

うちの子ゲームは無限なんだよねぇ(汗)

 

資料請求で見たかんじだと、そこまで時間はかからない。

 

30分くらいでいけました。

問題そのものがナゾトキ感覚でできるからゲームの「レイトン教授」みたいで楽しんでやってくれた!

 

safe title=”合わせて読みたい”]

>>進研ゼミ小学講座の評判・口コミ・料金!6学年を全て受講した感想

[/safe]

 

3.まなびwithとチャレンジとの方針比較

まなびwithは「柔らかい頭で自分で考えるチカラを伸ばそう」

 

チャレンジは「自ら考えて最後まで解くチカラを無理なくつけよう」

のろままさん

小学5年生に対する教育方針って、母親としては見逃せない!

 

分かりやすくいうと、ゆるいのはチャレンジの方ですね。

 

なぜならまなびwithのナゾトキ問題って、おもしろいんだけどネタバレしたいくらい難易度が高い。

 

だからこそ、ひらめくチカラがつくんだとけど大人のカチカチのかたい頭だとむずかしい。

 

わかったときは、飛び上がるくらい嬉しいけど…

 

ゲーム好きな子におすすめ!

まなびwith

小学5年生講座はゲーム好きな子に向いていると思います。なぜなら東大チームと連携して作成している「名探偵コナン」が登場するナゾトキが最高だからです!

 

テレビで東大王や頭脳王がやると、親子で見ているようなご家庭には楽しんで出来ると思います。

 

問題がちょっと難しいからいい!

まなびwith(ウィズ)

小学5年生の問題は、少し背伸びした問題がたくさんあるからいい。11歳の子供となると、簡単にクリアできる問題をなめてかかります。

 

とくに単調な出題が続くと男の子なんてサボろうとするから大変…そこでまなびwithなら、なぞなぞを解くような感覚で勉強ができます。

テキストや教材だけの購入はできる?

単品での販売はありません。一般的な通信教育はどんなところでも、買うことはできないようになっています。キャンペーンと利用するなどして、お得に入会するといいと思います。

まなびwithキャンペーン

10月18日までに入会すると、「いつでも学習ファイル」がもらえます。

まなびwith(ウィズ) いつでも学習ファイル

 

まなびwith(ウィズ)のまとめ

まなびwith(ウィズ)小5のポイント
  • チャレンジより安い
  • 将来役立つ思考の整理法が身につく
  • 東大生が考えた問題が解ける

まなびwith(ウィズ)の小学5年生についてまとめました。

 

ゆとりの時代は終わり教育改革が2020年からスタート、小学5年生の今から対策すれば中学校に行っても活躍できます。その為に記述問題に効果の高い教材を使うといいですね!

 

興味がある方は、今すぐ行動を!また比較してほしいので何社か資料請求してみるといいですね。