勉強の息抜きをAmazonビデオで!

情熱大陸で東大卒プロゲーマーときどが泣いた理由と愛用のメガネとは

2018年8月12日テレビ番組の「情熱大陸」に東京大学卒業のプロゲーマーの「ときど」さんが出演。

番組の中で涙した理由は、いったい何だったのでしょうか。

世界的なプロゲーマーとであっても感情が溢れ出した瞬間が気になります。

情熱大陸で東大卒のときどは何故泣いたのか予想

情熱大陸にて、ときどが泣いていた場面がありました。

学歴からみると、とんでもないほど頭がいい人なので泣いてしまった理由ってなんなのでしょう。

2018年3月埼玉県の志木市の「デイトナ志木」というゲームセンターで日本人で最初のプロゲーマー梅原大吾さんと対戦しました。

ときどの憧れの存在( プロになるきっかけの人)でもある梅原大吾さんと「ストリートファイターV」にて因縁の一戦。

ときどは豪鬼、梅原はガイルを操り超白熱の試合を繰り広げた結果は、10対5の完敗の後に泣いていました。

もう一つの涙の理由は…

2018年8月6日にアメリカのラスベガスで格闘技ゲームの世界大会が開催されました。

放送の6日前なので、この大会が撮影されているとすると、気になるのが結果です。

ストリートファイターV アーケードエディションの部門に参戦したときどさんの順位は2位の準優勝でした。

このことから推測すると、優勝できなかったときどさんが流した涙の理由がわかります。

「世界一」を目前にしたのにもかかわらず、逃してしまったという悔やんでいる涙なのではないでしょうか。

放送が終わり次第、追記していきます。

情熱大陸に出演した東大卒のときどのメガネはどこの?

ときどさんが普段愛用しているメガネは、JINSのものです。

プロゲーマーは、毎日8時間のゲーム=仕事をしますから眼精疲労がひどいのではないでしょうか…

情熱大陸に出演した東大卒のときどの戦歴

2018年

RAGE ストリートファイターV 白虎杯 優勝

Thaigar Uppercut 2018 優勝

Norcal Regionals 2018 優勝

Battle Arena Melbourne 10 優勝

情熱大陸に出演した東大卒のときどのプロフィール

本名:谷口 一(たにぐち はじめ)

ニックネーム: アイスエイジ

(周りの空気を読まないことから付けられた)

生年月日:1985年7月7日

出身地:沖縄県

(幼少期は、神奈川県の横浜で育つ)

出身中学:麻布中学卒業

出身高校:麻布高校卒業

出身大学:東京大学卒業

(理科1類に入学)

父親:東京医科歯科大学の教授

お父さん、教授ですよ。さすが、麻布中学を受験する家庭はご立派です!

情熱大陸に出演した東大卒のときどとゲームの関わり

ゲームとの出会いは、ゲームセンターで従兄弟(いとこ)と遊んだアーケードゲーム。

小学1年で、攻略本に載っていた有名なプレイヤーの存在を知る。

やっぱり東大生、よく本を読んでいました!

そして、頑張ったご褒美でもらえるゲームソフトが欲しくて、勉強。

人間って、目の前にニンジンがぶら下がると頑張れるものです。

しかし、麻布中学校の偏差値は都内で3位の偏差値76を誇っています。

これは、並大抵の努力で成し遂げられる成果ではないです。

みんなが、友達と遊んでいるときに勉強ですから「ゲームがほしい」と言う欲求は、相当高かったのだと分かります。

高校の時である17歳で、初めて世界大会で優勝し「世界一」のタイトルを手にしています。

東京大学卒業後には、化学者になりたいと東京大学院に進学しましたが、2010年にプロのゲーマーになるために中退してしまいます。

 

日本で2人目のプロになる。

海外で活躍する伝説的な人物の梅原大吾さんなどと一緒に、世界のゲーム大会を圧巻させていくことになりました。

プロゲーマーとしては、ギネス記録を持っています。

「世界で一番長く賞金を稼いでいるプロゲーマー

として2010年8月に認定されました。

ときどさんは、ゲームを対戦相手との「知恵比べ」だと言い切っています。

対策は、対戦相手と使用するキャラクターとその場の状況を把握。

その全てをくみ取って、考えられる事態に対して準備することのみだと。

幼少期から養った頭脳で、世界最大級の格闘ゲームの世界で戦い続けるのは、日本人として生まれ育ちゲームの「聖地」であることを最大限に発揮している生き方です。

「ゲーム=日本の国技」と言えるほど、日本のゲーム市場は大きなものでがプロゲーマーが注目されているのは海外なのです。

情熱大陸に出演した東大卒のときどの賞金

プロゲーマーとキドさんは、日本国内外の格闘技ゲーム大会に参戦して順位により賞金を獲得しています。

実際にもらっている賞金の一例は、次のようなものがあります。

・優勝賞金250万円+クルマ
・1000万円
・1億円

しかし、世界10カ国を超える遠征費は自腹なのでプロゴルファーと似ているところがあります。

2017年のEVOでの優勝は、ときどが手にした賞金400万近くだったといいます!

情熱大陸に出演した東大卒のときどの筋肉

プロゲーマーのときどさんは、筋肉質に見えます。

どちらかといえば、ムキムキ画像を多く見かけるのでなぜだろうと思い調べて見ました。

とキどさんの日常は、ゲームとトレーニングがメインになっていました。

出典;JINS MEME

余談ですが、この時かけていたメガネはJINSのものでした。

元に戻ってプロというのは、ゲーマーであってもジムに通うのです。

これは、対戦に必要なスキルを向上される働きがあったのです。

・集中力を高める
・反射神経を養う
・バランス感覚を養う

無駄な動きをなくして、長い対戦時間であっても体力を消耗しないように体を作っています。