勉強の息抜きをAmazonビデオで!

インフルエンザで学級閉鎖だ!!休校になる基準とは?

2学期がはじまったばかりだというのに、今期初めてインフルエンザによる学級閉鎖か出たというニュースが飛び込んできました!!

「学級閉鎖って何人休んだらなるの?」

「いったいどこで学級閉鎖なの?」っというのが知りたいのではないでしょうか。

特に受験生や小さいお子さんをお持ちのお母さんに、知っていただき家庭での対策に役立てていただきたいと思います。

それでは、例年ではあり得ないほどの速さで学級閉鎖になったインフルエンザにお伝えします!

インフルエンザの関連記事は、こちらです↓

インフルエンザワクチン!受験生は何回?早く対策を…

インフルエンザ学級閉鎖は何人休むとなるの?

明確な全国基準はありません。

学級閉鎖は、日本学校保健会が定めているもので

臨時休業は、一般的には、欠席率が通常時の欠席率より急激に増加したり、罹患者が急激に多くなったときにその状況と地域におけるその感染症の流行状況等を考慮し、決定されるものですが、それにはその規模により学級(学年)閉鎖と学校閉鎖が選択されます。

日本学校保健会専務理事 雪下國雄さんインタビュー

出典:日本学校保健会

欠席者の割合は明言していないんです。

では、なぜはっきり決まっていないのでしょうか。

 

それは、欠席者の割合基準を10%にした場合について考えてみましょう。

日本全国のクラス編成は、小さな学校だと5人のクラスもあれば、大きな学校では40人のクラスもありますね。

そこで、学級閉鎖の欠席者の割合が10%としてしまうと、小さな学校は1人休んだだけで閉鎖になってしまいます。

しかも、何回も学級閉鎖になってしまいますね。

実際に、学級閉鎖になる時ってどんな人数で判断が行われているのでしょうか。

インフルエンザの学級閉鎖ってどう決めてるの?

インフルエンザとみられる症状で、欠席している人数が4分の1または3分の1以上になった場合、多くの学校が学級閉鎖しています。

 

クラス編成が40人の場合について考えてみましょう。

40人の4分の1は、10人。

40人の3分の1は、13人となります。

どの時点で、学級閉鎖になるのかは教育委員会が校長から報告を受けて決定します。

インフルエンザが拡大してしまったら、学年閉鎖もありますね。

インフルエンザの学年閉鎖ってどう決めてるの?

インフルエンザとみられる症状で、欠席している人数が全校生徒の10%になった多くの学校が学級閉鎖しています。

 

全校生徒が400人の場合について考えてみましょう。

400人の10%は、40人。

この時点で、学年閉鎖になります。

インフルエンザ学級閉鎖になったのはどこ?

全国で初めて2学期早々、インフルエンザで学級閉鎖(学年休業)になったのは栃木県です。

2018年9月4日火曜日付けの栃木県内の新聞、下野新聞によれば栃木県矢板市乙畑小学校3年生を9月4日から9月6日までの3日間、インフルエンザとみられる症状が出た生徒が相次いだとして学年休業したと栃木県教育委員会か発表したとのことです。

栃木県教育委員会によれば、9月4日現在では生徒22人のうち症状がみられる欠席者は9人。

全員が発熱の症状があり、9人全員がインフルエンザA型という診断が出ました。

今年は台風直撃も多く、異常気象を感じる年になっていますがインフルエンザが流行するのも早いなんてびっくりです。

そんな中、ほかにも学級閉鎖(学年休業)する県がありました。

インフルエンザで学級閉鎖(学年休業)になったのは、隣の茨城県です。

2018年9月4日火曜日付けの茨城県保健福祉部によれば、茨城県水戸市立上中妻小学校2年生を9月4日から9月6日までの3日間、インフルエンザの集団発生により学年閉鎖の措置をおこなうこととなりお知らせします。

平成30年9月からでは、今期初めての臨時休業措置(学年閉鎖)となりますので、茨城県民に広く周知して頂くとともに身近にできるインフルエンザの旅行についての呼びかけお願いします。との発表がありました。

9月4日現在では生徒31人のうち症状がみられる欠席者は13人。

型は、栃木県と同じくインフルエンザA型です。

インフルエンザが、こんなに早く急行したのは聞いたことがありません。

家庭で出来るインフルエンザ予防対策をして小さいお子さんや受験生、家族の皆が感染しないように気をつけていきましょう。

 

インフルエンザの関連記事はコチラ

インフルエンザ予防接種は,いつ?損をする時期じゃ意味がない… インフルエンザの異常行動の原因と対処法とは?子供を守って!! インフルエンザワクチン!受験生は何回?早く対策を…