Amazonはスーパーよりも安い商品が多い!

小学生通信教育のおすすめ!通知表オール5になった教材は?

小学生 通信教育

この記事では、我が家の小学生が通知表オール5になった経験を生かし、受験勉強の仕方がわからない小学生ママにおすすめな通信教材をまとめています。

 

小学生の勉強って基本的なことはおさえておきたいし、心配なんだけど「このままで大丈夫なのかなぁ…」っと思いつつ特に何もしていないっという感じありますよね?

 

その悩みは、今の勉強方法を見直すことで解決できます。単元テストやまとめテストの点数が取れなくて、「勉強、わかってるのかなぁ?」っと思っているなら今すぐ見直せば間に合いますよ!

 

教育改革がドンドン進んでる現在、かわいい我が子が取り残されないようにしてあげて下さいね!では早速、お伝えしていします。

小学生通信教育のおすすめとは?

実際に小学生の通知表がオール5になったおすすめ通信教材を紹介。

 

のろままさん

我が子がその気になって勉強しているから、遊びに来ている子に抜かされちゃうのはかわいそうで、ママ友には詳しくは話せません(汗)

小学生の通信教育は4つにわかれる

勉強

  • 紙教材と解答
  • 紙教材と添削テスト
  • タブレット教材と添削テスト
  • タブレット教材のみ

小学生の通信教材は大きく分けて4つのタイプがあります。親はどれにしようか迷うところですが、最後は子供の自主性を優先したいところ。

 

実際にやるのは本人なので、親が独断で決めるのではなく「やりたいと思う教材はどれ?」という感じで選べば継続しやすい!

【進研ゼミ(小学生・中学生・高校生)】

進研ゼミ 

進研ゼミ(チャレンジ)は2つのコース。紙教材と解答・タブレットと添削テストがある!

 

 

進研ゼミのデメリット

のろままさん

簡単だよっと言って、調子よくやるが漢字の小テストでは書けない…

 

漢字の練習は、やっぱりノートに書くことがいちばんいいですね!

 

子供が進研ゼミで成績が上がりヤル気が出てくると、クラス上位を狙ってやる!という闘志が湧いてきます。我が家の場合、進研ゼミでは物足りないと感じるようになりました。

 

勉強している意味が分かると、なぞなぞに挑むかのように難問を解きたがりました。同級生のアイツには負けたくない!なんて言う欲が出てきたので、そうした場合は更に勉強方法を見直します。

進研ゼミのメリット

チャレンジ5年生

進研ゼミの小学講座では、学校で使っている教科書でお子さんの実力に合わせた授業対策があります。ですから、単元テストでの成績が速攻で上がります。

 

子供が「100点とったよー!!」っと元気に帰ってくるようになりました!別冊のテキストまでついてきて、これをやっていれば学校のテストで100点が取れます!

 

時間がないなどの理由で基本の問題集しかできなくても、90点以上を目指せます。また勉強時間は1日20分で良いと進研ゼミが言い切っているほど、出る問題だけがテキストにあります。

 

また、テストの予想問題は的中率が高い!なぜなら、全国約9万人の入試を分析しているから分かっちゃんですねぇ。

 

我が家も学年末テスト対策には大満足しました。主要教科だけでなく英語プログラミングがあるからスゴイんです!

 

英語は必要だと思っていても、なかなかできていない…プログラミンも必須科目になるけど、良くわからない…

 

そこで、進研ゼミの小学講座ならバランス良く勉強できてオススメなんです。

 

のろままさん

プログラミンって必修科目になるの知ってますか?進研ゼミの小学講座なら、なんとプログラミングの料金込みなので安心ですよ!

 

【スタディサプリ(小学4年生~)】

スタディサプリ

スタディサプリは、タブレットのみ!希望すれば別料金のテキスト(1冊1,200円)も購入可能。

 

スタディサプリのデメリット

スタディサプリだけで、小学校の授業を復習するのは難しいと思います。なぜなら、添削がないから!

 

スタディサプリの小学講座は、インプット中心の教材であるため副教材として、わからないところだけを見るという使い方にすれば、安いので優秀。

 

もしスタディサプリを小学生が使うなら、中学受験をするか中学生や高校生の兄弟がいればお得につかえると思いました。

スタディサプリのメリット

スタディサプリは、分からないところを重点的に映像授業で確認できる点をおすすめします!良かったのは、月額980円という家計に優しい料金です。

 

驚くことに、定期テスト対策や受験対策まで用意されていたことですねぇ。東京の渋谷区では全校で導入!実際に使っている子供の方が「スタディサプリっていいの?」っと同級生に聞かれています!

 

インプット専用の参考書の代わりと考えて使うなら、非常におすすめです。映像授業は、どこでも見ることができるので便利。

 

のろままさん

参考書って、読んでも分からないことってあるんですよねぇ…しかーし、スタディサプリなら公立小学校とは比べ物にならないスゴイ講師が揃っているので超楽しいんです!

 

【Z会(幼児・小学生・中学生・高校生)】

Z会は2つのコースがあります。紙教材と添削テスト・タブレット教材と添削テスト!

 

Z会のデメリット

のろまま

アイパッドスタイルの場合、家族兼用を使ってもらったので勉強で使っている時に家族が使えませんでした。

 

また、子供がアイパッドを勉強で使ったあとに充電をしないので、家族が使いたい時にやっぱり使えません。

 

勉強専用の古いアイパッドで良いので、使えると良いと思います。Z会全国模試のレベルが非常に高いので、メンタルの強いお子さんでないと、心が折れます。

 

せめて、お母さんが前向きなら大丈夫ですよ!【小学生のためのZ会の通信教育】≫資料だけもらう

Z会のメリット

Z会では、進研ゼミにはない作文の講座があります。また、目標が高いお子さんには最難関国立・私立・国立を目指す特進クラスコースも設置してあります。

 

それじやー、まだ成績が伸びていないお子さんには不向きなのかというと違います。家庭学習の習慣があればOKです。

 

苦手な教科がはっきりしているから場合は、Z会の売りであるきめ細やかな添削が強い味方となってくれます。苦手なところって、本人が何をどうすれば良いのか分からないので迷子状態!

 

それを、解答へと導いてくれるのが素晴らしい。口頭では不可能なとても細かい解説をしてくれるので、テスト前には心強いお宝になります。

 

進研ゼミとスタディサプリ の違いは、難易度や講座の内容だけではありません。一番の違いは、受講する教科を1教科から選べることです。

 

例えば、好きな英語はもっと勉強したいから1教科だけZ会でやろうということが可能になります。ですから、私立中学の狙いなら作文だけZ会でやって行こう!というやり方も出てきます。

 

我が家は、アイパッドスタイルを受講して自分専用の弱点を克服するプログラムが自動的に作成され実践したことが、成績を上げられた理由だと感じています。どうしても行きたい中学校があるなら、Z会がオススメ!

 

まなびwith(幼児・小学生)

まなびwith

まなびwithは紙教材と解答・オプション教材でタブレット教材があります。

まなびwithのデメリット

まなびwithは、教科書準拠でないところが気になりました。子供って勉強したところが学校のテストで上手くいくと、自信になるじゃないですか!それがちょっとないかなぁ~っという感じ。

 

しかしながら、問題自体は面白いのでお試し教材をやって比較してみるといいと思います。

まなびwithのメリット

まなびwith(ウィズ)

ナゾトキ問題や思考力を伸ばすカリキュラムがあるため、他の通信教材より考えるチカラがつく感じがしています。

 

大分先の話になりますが、大学入試改革が進み自分の考えをまとめ書くという問題が多くなります。計算などはAIに任せて、人間にしかない感情を表現することが求められている訳ですね。

 

ですから今の小学生が受け身になった思考から抜け出すための教材といえます。

 

 

スマイルゼミ(幼児・小学生・中学生)

スマイルゼミタブレットペン

スマイルゼミはタブレット教材のみ!

スマイルゼミのデメリット

のろままさん

スマイルゼミは添削がありません。

 

個人的には、進研ゼミの赤ペン先生のような添削がある通信教育がいいと思っていますがスマイルゼミにはなくどうなの?っと思ったので、受講中のママ友に聞いてみたところ…

 

「添削があってもやらないかもしれない!なくて良かったかも」っという感想でした。確かにやり残した教材があると、モチベーションが下がるので割り切って使うならいいんだとわかりました。

スマイルゼミのメリット

スマイルゼミ

スマイルゼミは、英検と漢検にチカラを入れている通信教材です。この資格試験って、先の話しですが高校入試の内申点に加点してくれる高校もあるので頑張って取らせたいところ…

 

最終的には、本人のやる気次第になりますがやってみたい!っという子には助かるところですね。実は、小学生の子供が使っているスマイルゼミのタブレットを使い親の方が英検の勉強をしているケースも多くあると説明会で聞きました!

 

確かに英検の受験料が1回無料になるわけですから、時間があるママはチャレンジしてもいいかもしれませんね。

 

がんばる舎(幼児・小学生・中学生)

勉強

がんばる舎は、紙教材と解答のみ!

がんばる舎は「通信教材最安値の800円」

がんばる舎は、中学生の通信教育おすすめの中で一番安い!プリント方式なので、Wi-Fiがなんだとかタブレットを持っていない…っという問題が一切心配ない教材です。

 

プリントで成績が上がるのかと疑ってしまいますが、反復すればどんな教材でもチカラがついてきます!いつの間にか「あれっ、点数いいねぇ!」っと800円でなったら、嬉しいですよね。

 

\がんばる舎の無料見本をもらおう!/

無料で資料請求する

がんばる舎のデメリット

のろまま

普通コースのプリントには、英語・数学・国語の3教科なので、主要5教科の対策をするには追加オプションが必要だということ!

 

理科と社会までカバーするなら、1教科あたり年間3,100円が必要です。

がんばる舎のメリット

全教科を受講しても月会費約1,320円というのは紙教材にしては、めちゃめちゃ安い!赤シートを上手に使えば、プリントを何度も使えるからいいかと思いました。

 

1日1枚解説付きのプリントをやればいいから、通信教育の初心者さんには低料金から試してみるものいいかもしれませんね。

 

小学生の通信教材を選ぶときの6つのポイント

小学生

①習い事と両立できるもの

小学生の子供って、習い事が忙しくて勉強どころじゃない…という時ありませんか?平日は帰宅が夜の7時近くになるし、土日も休みなく活動。

 

「もう放課後もゆっくり遊べないよー」

「疲れて風邪ひいちやうし、連休前なのに!」

 

なんていうことがあるので、通信教育で勉強させるなら絶対に習い事と両立できるものが良いです!テストの前日だけ勉強する記憶は、短期的なものとなってしまいます…

 

そのような勉強方法はやってほしくない。ですが、小学生の生活スタイルでも、継続可能な教材にすればその問題は解決します!

 

親としても普段から勉強をしてくれた方が、ガミガミ言わなくて済むから、気分的にもラクでいられます。

②単元テスト対策ができるもの

小学生といえば、学期末の通知表が気になりますよねぇ。通知表の評定を良くするには、学校の確認テストの得点が重要視されています!

 

何点以上を、何枚以上で評定が決められている訳です。ですから、漢字のまとめや計算力テストで手を抜くと評価がされません…ここで、お子さんの成績が上がることで親が得をすることをまとめます。

 

親が子供の成績を上げると良いこと

・小学校の通知表に加点される
・私立中学の入学金や授業料が免除になる
(年間20万から80万の節約となる!)
・私立中学の特別奨学金制度を利用できる
(各学校により違いがある)

③添削をしてもらえるもの

添削とは自宅で単元確認テストをやり、郵送またはメールで送り丸つけを解説付きでしてもらうものです。小学校の単元テストや確認テストって、マルかバツがついているだけで、解答解説はクラスみんなでやるから、イマイチ理解できないことって実は多い。

 

だからそこ、子供が解いた問題を丁寧な解説付きで丸つけ(オーダーメイド)をしてもらうわけです。

④全国模試があるもの

現在のお子さんの偏差値を、パッと言うことができますか?これから先にある受験は偏差値が重要な指針となるので、把握するようにお願いします!

 

そして、模試が受けられる教材なら苦手な単元をピックアップして補強できるので是非利用してほしいと思います。

 

中学生になると、県内や隣接県の模試を受験することになりますが、全国レベルで偏差値を把握すれば、更に目安が増えるので志望校選択の材料となりますよ。

⑤冊子が付いてくるもの

お子さんが使う教材の他に、教育情報が載っている冊子がオマケでついてくるものがオススメです。理由は、受験システムは少しずつ変化していて私たちが学生の頃とは大分違っています。

 

新しい情報をキャッチしておくことで、受験が有利に挑めるようになります。

⑥勉強した内容がメールで受信できるもの

せっかく子供がヤル気になって勉強しても、やったことを知らないでいたらよくやったね!という声がけができませんよねそこで、勉強した内容(単元や時間)が明確に分かれば頑張ったね!っと言ってあげることができます。

 

ここをしっかり抑えれば、子供は得意になってドンドン勉強するようになります。これ絶対!男女問わず褒め言葉はヤル気アップの特効薬となりますよ。

小学生の通信教育ランキングのまとめ

英語

この記事では、勉強方法について紹介しました。

 

普段の勉強の仕方を見直すことで、簡単に成績が上がるようになりますので、中学校へ行って学年最下位組なんてなくなります。そこで、お子さんに合った勉強方法(通信教材)が便利。

 

家で勉強ができるなら、終われば直ぐに寝られるし、ゲームだって遊べます。小学生なら、絶対に通信教育を使い倒してほしいです。親は送迎しなくて良いし、塾弁(塾で食べるお弁当)を作らずに済みます。

 

中学生になると精神的に負担が増えるので、抜けるところは是非手抜きをしてほしいと思います。その分、「頑張ってるねー!」っとあたたかい言葉をかけて子供のヤル気を更にアップさせてほしいです。

 

実は、一番効果的なのは親からの褒め言葉だから!それをビシッと抑えるだけで、子供はドンドン勉強をします。我が家が偏差値50から70になったのは、決して私が頭が良かったからではありません。

 

逆に勉強を教えることができず、ただ応援団長になるしかできなかったことが好転!だから声かけは、親の偏差値に関係なく誰にでも経費0円で出来るのでやり続けて下さい。