中学受験の悩みで選ぶ

中学受験ワクチン予防接種どうする?

2018年9月6日

中学受験ワクチン

この記事では「中学受験のコロナワクチン接種」についてまとめています。

中学受験なんだけど、ワクチンってどうする?

っという疑問に答えます。

私も受験生を抱えてどうしようって悩みました。そこで中学受験のワクチン接種について調査しました。

中学受験ワクチンの接種時期・対象年齢

ポイント

ワクチン接種対象年齢は12歳以上なので、中学受験生であっても摂取できない!

受験生はデリーケートな時期なので摂取希望であれば予約をしたいんですが、中学受験生は12歳以下なので対象外! 保護者は1回目の接種から2週間は、2回目が接種できないので早めがいいと思います。

» 参考: 厚生労働省 子どもはワクチンを接種することができますか

しかし、中学受験でワクチン接種を希望する小学6年生を対象に優先接種する自治体も出てきているので、住んでいる地域の市役所などに問い合わせてみるといいですよ!

受験生のワクチン接種の状況

Sponsored Link

保護者がワクチン接種してもやる5つの予防法

水分補給

人は必要な1日の水分量は、1.5リットルです。

これは、食事以外で飲みたい量になります。

以外と、足りていない方が多いと思いますので補給タイムを作ってみるのは以下かでしょうか。

部屋の加湿

水分補給と同じ意味で、喉をうるおす加湿。

設定は、湿度50~60%となります。

マスク

インフルエンザ菌がついた手から、飛沫感染を予防します。

喉の加湿にもなるので、外出時にはしておきましょうね。

うがい

うがいの時、「ま・ほ・お」と発声。

「ドレミファソラシド」と音階をいうと効果的に喉の奥まで洗うことができますよ〜

手洗い

ほとんどの方が正しくできていない手洗い。

手首や親指は、バイ菌でいっぱいです。

よく洗い流しましょう。

中学受験ワクチン接種は希望すれば優先してもらえる

この記事では「中学受験のワクチン接種」についてまとめました。ここでもう一度、内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 当初は12歳以上が対象だったが地域によって12歳以下の中学受験生もOK
  • 自宅のある市役所などに問い合わせて検討しよう
  • 今後、日本でも摂取対象が広がる可能性もある