勉強の息抜きをAmazonビデオで!

シャボン玉の自由研究ー中学生理科編ー【最大3時間】しゃぼん玉の大きさ

自由研究 しゃぼん玉

この記事では、夏休みの自由研究テーマ「しゃぼん玉づくりの実験」について紹介しています。

 

夏休みも終盤に差し掛かり、「全く自由研究に手をつけてなかったー!」という事ってありますよね。

 

今からでも出来る簡単な方法はない?

 

材料代をかけられない…!100均でOKなものない?

 

2~3時間で出来るもの…

 

というような事で悩んでいるなら、この記事に書いてある方法を試してサクッと自由研究を終わらせましょう。それでは早速お伝えします。

シャボン玉の自由研究

まず初めに用意するものはこちらになります。

自由研究 しゃぼん玉

  • 液体洗剤
  • コップ(材質は何でもOK)
  • 定規
  • 下敷き
  • ストロー
  • 計量スプーン

しゃぼん玉の濃度を調べる実験

しゃぼん玉の直径と濃度の関係を調べる。まず、5種類の濃度のしゃぼん玉を作ります。

 

液体洗剤を使い、100%(現液)、80%、60%、40%、20%のしゃぼん液をコツコツと準備。

それぞれの濃度のしゃぼん液の作り方

濃度の違うしゃぼん液を作るには、ペットボトルのキャップなどを使って作成

濃度 洗剤と水の割合
20% 1:4
40% 2:3
60% 3:2
80% 4:1

 

しゃぼん液を作るときは、紙コップの容器にキャップで計った洗剤と水を混ぜ合わせます。

 

しゃぼん液が出来たら、コップに濃度を書いておくと実験がやりやすいよ〜

自由研究 しゃぼん玉の濃度

濃度の違うしゃぼん玉をつくる

ストローを使い、それぞれ濃度の違うしゃぼん玉を作っていきます。

 

下敷きの上にしゃぼん液をのせストローでゆっくりと息を吹きかけて膨らませます。

 

下敷きを濡らしておくとしゃぼん玉が作りやすくなりますよ!

自由研究 しゃぼん玉

しゃぼん玉が割れると、下敷きに後がのこるので、その大きさ(直径)をはかります。

 

それぞれ5回以上は計測し、最大の直径を調べてみましょう。

 

※しゃぼん玉が円ではなく楕円になってしまうことがあります。その時は、楕円の縦横をはかり、その合計を2で割った値を直径にする。

レポートのまとめ方

自由研究のレポートのまとめ方(テンプレート)として参考にして下さい。

(仮)しゃぼん玉づくりの実験

研究の動機や目的(何気なく普段しゃぼん玉について気になっていたこと等を記載)

用意したもの(材料)

用意したものを写真に撮り、材料を書き出しましょう。

実験の方法(実験したこと)

しゃぼん液の濃度としゃぼん玉の大きさの関係について調べた。

 

台所用洗剤を水で薄め、20%・40%・60%・80%・100%のしゃぼん液を作る。

 

それぞれの液体を使って、写真のように水で濡らした下敷きの上に半球状のしゃぼん玉を作り、その直径を定規ではかった。

 

測定は5回ほど行い、最大の直径になった濃度を調べた。

実験の結果

ここは表やグラフにすると、分かりやすくて良い!

わかったこと

実験する前の予想を書き、実験結果から分かったこと・発見したことを書きます。

 

正解を求めることが目的ではありませんので、素直に自分が感じたことをまとめましょう。

反省や感想

実験を通じて次回への課題や、実際の生活において応用できるようなことを記載すると、オリジナリティがでます。

シャボン玉の自由研究は3時間あればできた

夏休みの自由研究は、簡単にできるものがいい。

 

特別な賞はねらっていないから…さっさと終わりにしたい!

 

それよりも部活や勉強の復習で、じっくり自由研究なんてできない。この実験をやってみると、スマホで文章を入力してプリントアウトするまで3時間くらいでできました。

 

集中して終わりにしたいから、他の予定は一切無視。宿題は早く終わらせるのが夏休みの鉄則!

まとめ

この記事では、夏休みの宿題「自由研究しゃぼん玉」についてまとめました。

 

夏休みが終わって「自由研究」が終わっていな~い。

 

なんてことにならないように、早めに終わらせておく事をおすすめします!