広告 高校受験

「卒業式」の服装で悩む母は何を着ればいい?

2018年2月1日

この記事では「卒業式の母親の服装」についてまとめています。

みんな、何を着ていくの?

っという疑問に答えます。

大切な最後の学校だから、きちんときめて出席したいですよね!そこで2人の子どもがいる私が、卒業式の服装についてまとめています。

この記事がおすすめな人

  • 卒業式の服装に悩んでいる方
  • 卒業式の服装に自信がない方
  • 卒業式の服装におしゃれさをプラスしたい方

卒業式まで、あと1ヶ月に勃発!母の悩み

のろまま
のろまま

中学校3年間って、猛スピードで駆け抜けた感じがする。

我が子も、大人びてきたわけだわ。

って、子供のことに浸ってる場合じゃないわよっ!

卒業式まで、あと1ヶ月となりました。お子様の成長を喜びつつも、母親としては色々な悩みが出てくる時期ですよね。

例えば、こんな悩みはありませんか?

  • 卒業式の服装はどこで買えばいいのか?
  • 卒業式の服装はどれくらいの予算で用意すればいいのか?
  • 卒業式の服装は自分の年代や体型に合わせて選ばなければならないのか?
  • 卒業式の服装は周りと差をつけたいけど、派手すぎるとマナー違反にならないか?
  • 卒業式の服装は一度しか着ないものだから、もったいなくないか?

これらの悩みは、多くのママが抱えているものです。

私も、卒業式 服装 母に関する情報を検索する際に、同じような疑問や不安を感じました。

でも、ご安心ください!この記事では、これらの悩みを解決するために、卒業式 服装 母に関するマナーやコツ、おすすめのブランドや商品、年代別のコーディネート例などを詳しくご紹介します!

これからご紹介する内容を参考にすれば、卒業式 服装 母に関するあらゆる疑問が解決しますし、自分に似合う素敵な一着を見つけることができますよ!

卒園式・卒業式の服装マナー

卒業式の母親の服装って、結構重要。

子供って、すっごくよく見てるんですよね。

女の子は「誰々の、お母さんかわいいね」って話しています。

かわいいって言われたら、嬉しい。絶対に、キツイのは「ダサっ!」と内心思われていること。

せめてかわいいもダサいもない、中間あたりでおさめたい。卒業式の一般的な服装のマナーを調べてみました。

シンプルなワンピースや、セットアップなど、きちんと感がありつつも、自分らしさを出せる服装がおすすめです。

また、季節に合わせた色やデザインを選ぶことで、卒業式の雰囲気にもピッタリ合わせることができますよ。

ここでは、卒業式におすすめの服装やマナーを紹介しますね。

セミフォーマルの基本

卒業式は、入学式よりも厳粛な雰囲気があります。

だから、母親の服装も上品で落ち着いたものが良いですよね。

一般的に、セミフォーマルというスタイルがおすすめです。

これは、正装よりも少しカジュアルな服装で、結婚式や葬儀でもよく見られるスタイルです。

基本的には、ダーク色(例:黒やネイビー)のセレモニースーツやワンピースが良いでしょう。

ワンピースを選ぶ場合、露出が多くならないように気をつけてくださいね。

胸元が開きすぎているものや、背中が見えるデザインは避けた方が無難です。

パンツスーツの選び方

最近、パンツスタイルで参加する母親も増えてきました。動きやすく、スタイリッシュな印象を与えることができます。ただ、選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

  1. ジーンズやカジュアルなパンツは避け、パンツスーツを選びましょう。
  2. ダーク色や光沢のある素材がおすすめです。
  3. ストライプやチェックなどの柄は避け、シンプルなデザインを選ぶと良いでしょう。

インフォーマルの選び方

卒業式ではセミフォーマルが基本ですが、学校や地域によっては、もう少しカジュアルなインフォーマルでも大丈夫な場合も。ただし、以下の点に注意してくださいね。

  1. 周りの雰囲気やマナーを確認して、浮かないようにしましょう。
  2. 派手な色や柄は避け、落ち着いた色合いを選ぶと良いでしょう。
  3. 露出が多いデザインや、短すぎるスカートは避けてください。

デザインは、なんでも良いと思います。

パンツスーツでも、ワンピースでも、ジャケットにスカートでも好きなものにしましょう。

ただし、スカートの丈は膝の真ん中程度にして下さい。

卒業式の色選び

他の保護者さんより、少しお洒落な感じにしたい

絶対におさえるのは、色!

黒・紺どっちにしようかな!

卒業式ですと、『黒・紺』と言うのがメインカラーになります。

中学校の卒業式となると、黒・紺・濃いグレー以外のジャケットは見かけません。

みなさん、幼稚園の卒園式から小学校と3度目となるので必須事項となっております。

本当に、目立ちますので3色以外はやめておいた方がいいでしょう。記念撮影もありますから、ここはおさえて下さい。

卒業式は、学生生活の大きな節目となる大切な日。

ここでは、ブラックフォーマルと明るめカラーの選び方を具体的にご紹介します。

ブラックフォーマルの選び方

卒園式・卒業式では、ブラックフォーマルと呼ばれる真っ黒な服装をすることもあります。

ブラックフォーマルとは、葬儀や法事などでも用いられる正装で、喪服とも呼ばれます。

ブラックフォーマルを選ぶ場合は、以下の点に注意してください。

  1. 学校や地域の慣習を尊重:ブラックフォーマルの着用は、学校や地域によって異なることがあります。事前に確認しておくことが大切ですね。
  2. 色の統一性:ブラックフォーマルは名前の通り、黒を基調とした服装。黒のスーツやワンピース、ストッキング、靴などを選ぶことがポイントです。
  3. アクセサリーの選び方:金や銀のアクセサリーは避け、白いコサージュやパールのネックレスで華やかさを出すと良いですよ。
  4. メイクは控えめに:派手な色やラメは避け、ナチュラルな色味で清潔感を出すことが大切です。

ブラックフォーマルは、卒園式・卒業式において最もフォーマルな服装です。

しかし、その分暗く重たい印象になりがちです。

そこで、顔周りに白いコサージュやパールのネックレスなどをつけることで、華やかさを出すことができます。

また、メイクもナチュラルにすることで、清潔感を出すことができます。

明るめカラーの選び方

卒園式・卒業式では、明るめカラー(ピンク・ブルー・グリーンなど)の服装をすることもあります。明るめカラーは、春らしくて爽やかな印象を与えることができます。

明るめカラーを選ぶ場合は、以下の点に注意してください。

  1. 学校や地域の雰囲気に合わせる:周りがブラックフォーマルで統一されている場合、明るめカラーは浮いてしまうかもしれませんね。
  2. 派手すぎる色や柄はNG:卒業式は厳粛な場なので、目立ちすぎる服装は避けるようにしましょう。
  3. 色味の選び方:パステルカラーや淡色がおすすめ。鮮やかな色や濃い色は重たく感じることがあります。
  4. 小物の選び方:白やベージュ、グレーなどの無地のものがベスト。柄物やカラフルなものは避けると良いですね。

明るめカラーは、卒園式・卒業式において華やかさを出すことができます。

しかし、その分マナーを守ることが難しくなります。

そこで、色味や色合わせに気をつけることで、上品で落ち着いたコーディネートにすることができます。

卒業式の服装選びは、自分らしさを出しつつ、場の雰囲気やマナーを守ることが大切です。

卒園式・卒業式のアクセサリー選び、失敗しないポイントは?

卒園式や卒業式は、人生の大切な節目の一つですよね。そんな大切な日には、ドレスアップして華やかにしたいもの。

特に、アクセサリーはそのアクセントとして大活躍します。しかし、選び方を間違えるとマナー違反になってしまうことも。

そこで、失敗しないアクセサリーの選び方をご紹介します!

コサージュやネックレスなどのアクセサリー

コサージュの選び方

  • : 白やピンク系がおすすめ。赤や黄色などの派手な色は避けましょう。
  • 位置: 左胸や左肩に。右側につけると喪服の印象になるので注意が必要です。

小物は、コサージュをつけると母親らしくなりますね。

のろまま
のろまま

お洒落だなぁと思うお母さんは、コサージュが違う!

ここで、差をつけるのかって言う感じ。

生の花で作ったコサージュもあれば、なかなか見かけないデザイン。

ネックレスの選び方

  • 素材: パールやダイヤモンドなどのシンプルで上品なものがベスト。金や銀などのメタル系は避けるのが無難です。
  • 長さ: 胸元にかかると不適切なので、長すぎないものを選びましょう。

ピアスやイヤリングの選び方

  • デザイン: 小ぶりで控えめなものがおすすめ。大きくて派手なものはマナー違反になる可能性があります。

アクセサリーは、卒園式・卒業式のドレスアップのアクセントとして大活躍しますが、その分、選び方を間違えると目立ちすぎてしまうことも。

しかし、上記のポイントを押さえて選べば、上品で落ち着いたコーディネートが完成します

ストッキングや靴などの足元

卒園式・卒業式では、足元の選び方も重要ですよね。

特に、ストッキングや靴は、全体の印象を大きく左右します。

靴の選び方

  • パンプスがベストチョイス。サンダルやブーツはちょっと避けた方が無難です。
  • 色は黒やベージュ、グレーなどのシンプルなものがおすすめ。カラフルなものや柄物はちょっと控えめに。
  • ヒールは低めで、歩きやすいものを選ぶこと。高すぎると、歩くのが大変になっちゃいますよ。

アウターの選び方

卒園式・卒業式の日、外はまだ寒いかもしれませんね。

そんな時、バッグやコートの選び方もポイントです。

バッグの選び方

  • 小ぶりでシンプルなデザインがベスト。トートバッグやリュックサックはちょっと避けた方が良いかも。
  • 色は黒やベージュ、グレーなどのシンプルなものを心がけましょう。カラフルなものや柄物はちょっと控えめに。

コートの選び方

  • トレンチコートやスプリングコートなど、薄手でシックなものがおすすめ。ダウンジャケットやデニムジャケットはちょっと避けた方が無難です。
  • 色は黒やネイビー、グレーなどのシンプルなものを選ぶこと。柄物やカラフルなものはちょっと控えめに。

卒園式・卒業式は、一生の思い出になる大切な日。その日のために、上品で落ち着いたコーディネートを心がけましょう。

続きはこちらです。

ザインに気をつけることで、上品で落ち着いたコーディネートにすることができます。

卒園式・卒業式の防寒対策

春の卒園式・卒業式は、まだ寒さが残ることが多いですよね。特に朝晩は冷え込むことがあります。そこで、防寒対策は欠かせません。でも、ただ暖かいだけじゃなく、スタイリッシュにも見せたいですよね。

防寒対策をしながらもおしゃれに卒園式・卒業式を迎えるためのポイントをいくつか紹介しますね。

コートの選び方

  • 持参はマスト:会場の暖房が効いているかもしれませんが、移動中や外での写真撮影では寒さを感じることがあるでしょう。
  • 脱ぎやすさを重視:卒園式・卒業式では、コートを脱いで着席するのがマナー。ボタンやファスナーの開閉がスムーズなものを選ぶと良いですよ。
  • 色合わせも大切:コートの色は、服の色と同じか、少し濃いめの色がおすすめ。明るすぎるとバランスが悪く見えることがあるので注意してね。
  • 丈にも注目:コートは服よりも少し長めか、同じくらいの丈がベスト。短すぎると不自然に見えることがあります。

アクセサリーでの防寒

コートだけでなく、ストールやマフラーも活用しましょう。

ただし、柄物やカラフルなものは避け、コートと同じ色か無地のものを選ぶと、上品にまとまりますよ。

マナーを守りつつ、おしゃれを楽しむ

防寒対策は必要ですが、マナーも大切。色やデザインに気をつけることで、上品で落ち着いたコーディネートが楽しめます。

卒園式・卒業式は、一生の思い出になる大切な日。

しっかりとした防寒対策をしながら、おしゃれも楽しんで、素敵な一日を過ごしてくださいね!

卒業式に着物を選ぶ場合のマナー

卒業式や卒園式は、人生の大切な節目の一つですよね。着物を選ぶことで、この特別な日をより華やかに演出することができます。

しかし、着物を選ぶ際にはいくつかのマナーがあります。

それでは、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか?

学校や地域の慣習を尊重する

まず最初に、学校や地域の慣習に従うことが大切です。

すべての学校や地域で着物を着ることが許容されているわけではありませんので、事前に確認しておくことをおすすめします。

着物の種類を選ぶ

着物にはいくつかの種類がありますが、卒業式や卒園式に適しているのは訪問着付け下げ色無地です。

これらは、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場でよく用いられるもので、色や柄が豊富にあります。

色や柄を選ぶ際の注意点

卒業式や卒園式は厳粛な場ですので、派手すぎる色や柄は避けるようにしましょう。

濃紺や淡いグレー、淡い水色などがおすすめの色です。

また、桜の柄は避けることが望ましいです。

帯や小物の選び方

帯は、金糸や銀糸が施されたものを選ぶと、華やかさを出すことができます。

しかし、派手すぎる色や柄は避けるように心がけましょう。

また、小物に関しては、着物の色に合わせてシンプルなものを選ぶことがおすすめです。

年代別(30代・40代・50代)のおすすめコーディネートやスタイリングのポイント

卒業式や卒園式のシーズンが近づいてきました。子供たちの門出を祝うこの大切な日、母親としてもきちんとした服装を選びたいですよね。

しかし、どんな服装が適切なのか、また、自分の年代や体型に合ったものを選ぶのは難しい…。

そこで、年代別におすすめの卒業式のコーディネートをご紹介します!

30代におすすめな卒業式の服装

30代のママは、若々しさと上品さを兼ね備えた服装がおすすめです。

特に、ブランドのセレモニースーツやワンピーススーツが人気とのこと。

しかし、色やデザインの選び方には注意が必要です。

  • オフホワイトや光沢のあるジャケットで、華やかさを出してくださいね。ダークカラーは重たく見えることがあるので、避けるのがおすすめですよ。
  • スカートの長さは、膝丈がベスト。短すぎるとカジュアルに、長すぎると老けて見える可能性があります。
  • ジャケットやスカートのデザインは、シンプルなものを選ぶと良いでしょう。飾りは控えめに。
  • ワンピーススーツの場合、ウエストマークやベルトで、シルエットを美しく見せることができます。

40代におすすめな卒業式の服装

上質感と特別感を出す服装が40代のママにはおすすめです。

特に、パリッとしたスーツやワンピースは、多くの方々から支持を受けています。

でも、ただのスーツやワンピースを選ぶだけではなく、いくつかのポイントに注意することで、より素敵なコーディネートが完成しますよ!

  1. 首元のデザイン:首元にレースやシルバーラインの刺繍を取り入れることで、特別感を出すことができます。黒やグレーなどの無地だけでは、ちょっと地味に見えてしまうことも…。そこで、このようなアクセントを加えることで、華やかさをプラスしましょう!
  2. 袖の長さ:気になる二の腕を隠すために、半袖や袖なしのトップスは避けるのがおすすめです。長袖やジャケットを羽織ることで、上品な印象をキープできますね。
  3. スカートの丈:膝下くらいの長さがベストです。短すぎると若作りに見えてしまうこともあるし、長すぎると少し野暮ったく見えることも…。バランスを取ることが大切ですよ!
  4. パンツスタイル:もちろん、スカートだけでなく、パンツスタイルもアリです!ただ、ビジネス感が出ないように、ストライプやチェックなどの柄は避けるのが良いでしょう。光沢のある素材やデザイン性のあるものを選ぶと、よりおしゃれに見えますよ。

これらのポイントを参考に、卒業式にふさわしい服装を選んでみてはいかがでしょうか?

40代のママでも、上質感と特別感を出すことで、素敵な一日を迎えることができるはずです!

50代におすすめな卒業式の服装

50代のママたち、どんな服装を選べばいいのでしょうか?高級感と品格を出すことが大切ですよ。

特に、シャンタン生地やツイードジャケットなどの素材感が重要です。

では、具体的にどんな点に注意すればいいのでしょうか?

  1. スカート丈:膝下からふくらはぎくらいがベスト!短すぎると軽薄に見えるし、長すぎると老けて見えるかもしれませんね。
  2. ワントーンコーディネート:色数が多くなるとカジュアルになりがち。黒やネイビー、グレーなどの無地でシンプルなものを選ぶといいですよ。
  3. デザイン:ジャケットやスカートには品のあるデザインを。フリルやレースなどの飾りは少なめにしましょう。
  4. パンツスタイル:ジーンズやカジュアルパンツは避けて、光沢のある素材やデザイン性のあるものを選ぶと上品さが出ますね。

50代のママたちは、シャンタン生地やツイードジャケットなどの素材感のある服装で、高級感と品格を出すことができます。

しかし、その分色やデザインに気をつけることが難しくなります。そこで、スカート丈やワントーンコーディネートに注意することが大切です。

卒園式・卒業式の服装トレンド:パンツスーツとセットアップ

卒園式・卒業式では、最近のトレンドとして、パンツスーツセットアップが注目されています。

これらのスタイルは、動きやすさと洗練された印象が魅力ですね。

パンツスーツを選ぶポイント

  1. セットアップのものを選ぶこと。ジーンズやカジュアルパンツは避けましょう。
  2. ダーク色や光沢のある素材がおすすめ。ビジネス感を出さないよう、ストライプやチェックの柄は避けること。
  3. インナーのトップスや小物にも気をつけること。白やベージュの無地のシャツやブラウスがベスト。小物はシンプルで上品なもの、例えばパールやゴールドのアクセサリー、黒やベージュのバッグや靴がおすすめです。

セットアップを選ぶポイント

  1. ボーダーやフリンジなど、デザイン性のあるものを選ぶと印象に残るコーディネートに!色は明るめでも大丈夫ですが、派手すぎるのは避けて。
  2. インナーのトップスや小物も大切。白やベージュ、グレーなどの無地のものがおすすめですよ。

パンツスーツやセットアップは、動きやすくて便利なだけでなく、上品でカッコいい印象を与えることができます。

卒業式で失敗しないためのチェックリストや注意点

卒園式・卒業式では、服装だけでなく、他にも気をつけるべきことがあります。

卒業式での失敗を避けるためのポイントをまとめてみました!参考にしてみてくださいね。

地域や学校の慣習を知る

事前に学校や地域の慣習やマナーを確認しておくことは大切です。

なぜなら、各学校や地域によって、服装や持ち物、挨拶の仕方などが異なることがあるからです。

例えば、ある学校では、特定の色の服装が推奨されていることがありますよ。

服装の試着は必須!

事前に服装や小物の試着をしておくことで、当日のトラブルを避けることができます。

サイズ感や色合わせ、着心地など、気になる点はしっかりとチェックしておきましょうね。

当日の準備は早めに

当日は、髪型やメイク、着付けなどに時間がかかることがあります。

また、渋滞や遅延などのトラブルも考えられます。

そんな時に焦らないためにも、余裕を持って準備をしておきましょう!

笑顔での挨拶はマスト

先生や他の保護者、卒業生との出会いは、笑顔での挨拶が大切です。

良い印象を持ってもらうためにも、明るく挨拶しましょうね!

式典中のマナーを守る

卒業式は厳粛な式典です。携帯電話の電源を切る、おしゃべりを控えるなど、基本的なマナーは守りましょう。

写真撮影も、許可されている場所やタイミングで行うことが大切ですよ。

感謝の気持ちを忘れずに

卒業式は、お子様の成長を祝うだけでなく、先生や他の保護者、卒業生との別れの場でもあります。

そんな時に、感謝の気持ちを伝えることで、良い思い出になること間違いなしです!

卒業式の服装まとめ

卒業式は子供たちの大切な節目の日であり、母親としてもその日を特別にしたいと思うもの。

この記事では、卒業式にふさわしい母親の服装や、最新のトレンド、そして失敗しないためのポイントを詳しく紹介しました。

適切な服装を選ぶことで、子供たちの卒業式をより一層華やかに、そして心に残るものにすることができます。

まとめ

  • 卒業式の服装選びのポイントを押さえる
  • 最新のトレンドを取り入れる
  • 失敗しないための注意点を知る

最後の学校ですから、とびきりのオシャレをしたいところですが控えめな服装が正解。

お肌のお手入れをしっかり整えた方がいいと思います!

ハンカチを忘れずにいきましょうね!

-高校受験