プログラミング

N高のWebデザイン講座で高校生からプロを目指せる理由

2024年5月29日

N高のWebデザイン講座に興味がある高校生や社会人の方必見です!

この記事では、N高のWebデザイン講座の特徴や魅力について詳しく解説します。

プロのWebデザイナーを目指したい、または現在のスキルをさらに磨きたいと考えている方にとって、N高のWebデザイン講座はまさに最適の学習環境と言えるでしょう。

現役のプロによる質の高い指導、充実した学習コンテンツ、実践的なスキルが身につくカリキュラムなど、N高のWebデザイン講座の魅力を余すところなくお伝えします。

高校生活とWebデザインの学習を両立させ、夢に一歩近づくためのヒントが満載です。ぜひ最後までご覧ください!

この記事の結論

  • N高のWebデザイン講座は、プロのWebデザイナーを目指す高校生や社会人に最適
  • 現役プロによる指導、充実した学習コンテンツ、実践的なカリキュラムで質の高い学習ができる
  • 高校生でもWebデザイナーとしてのスキルを身につけ、バイトなどで活躍できる可能性がある
  • 高校卒業とともに即戦力となるWebデザイナーを目指せる

N高のWebデザイン講座で高校生から本格的なスキルを学ぼう

N高のWebデザイン講座で高校生から本格的なスキルを学ぼう

N高のWebデザイン講座では、高校生でもプロレベルのスキルを身につけることができます。

デザインの基礎から、コーディングまで幅広く学べるカリキュラムが用意されています。

この講座を受講すれば、将来Webデザイナーとして活躍するための土台を築くことができるでしょう。

プロのWebデザイナーから直接指導を受けられる

N高のWebデザイン講座の大きな特徴は、現役のプロのWebデザイナーから直接指導を受けられることです。

講師陣は、実際の制作現場で活躍しているプロフェッショナルばかり。最新のトレンドや技術を熟知しているので、リアルな現場の知識やスキルを学ぶことができます。

また、少人数制のクラスなので、一人一人の理解度に合わせたきめ細やかな指導を受けられるのもポイントです。

わからないことがあればすぐに質問でき、つまずきを解消しながら着実にスキルを身につけていくことができます。

グラフィックデザインとコーディングの基礎を身につける

N高のWebデザイン講座では、グラフィックデザインとコーディングの両方の基礎を学ぶことができます。

グラフィックデザインでは、Photoshop、Illustrator、XDなどのツールの使い方を学びます。バナーやアイコンなどのUIパーツの制作を通して、色彩やレイアウトの基本を身につけていきます。

一方、コーディングではHTMLとCSSの基礎から学び、JavaScriptも学習します。サイトのレイアウトを構築したり、アニメーションを加えたりといった実践的なスキルを習得できます。

デザインとコーディングの両方の知識を持つことで、Webデザイナーとしてより幅広い活躍が期待できるでしょう。

N予備校の充実した学習コンテンツ

N高のWebデザイン講座は、N予備校のプラットフォームを通して受講します。

N予備校には、Webデザインに限らず、プログラミングや動画編集など多様な分野の学習コンテンツが用意されています。

これらのコンテンツを横断的に学ぶことで、Webデザイナーとして必要な幅広い知識やスキルを身につけることができるでしょう。

また、他分野の受講生とも交流できるので、刺激を受けながら学習を進められます。

N高生ならAdobe製品を無料で使用可能

N高の生徒は、Adobe Creative Cloudを無料で利用できるという大きな特典があります。

Photoshop、Illustrator、XDなど、Webデザイナーには欠かせないツールを、学校の設備を使わずに自分のPCで使用可能です。

ライセンス費用がかからないため、経済的な負担を抑えてWebデザインを学ぶことができます。

プロ仕様のツールを使いこなすスキルを在学中に身につけられるのは、N高生ならではのメリットと言えるでしょう。

高校生でもWebデザイナーとしてバイトができる

N高のWebデザイン講座で学んだスキルを活かせば、高校生でもWebデザイナーとしてバイトをすることができます。

実際に、在学中からWebサイトの制作案件を受注している生徒もいるそうです。

高校時代からプロの現場を体験できるのは、スキルアップに大きく役立ちます。制作実績を積むことで、将来の就職やフリーランスとしての活動にもつながっていくでしょう。

もちろん、学業との両立は大切ですが、興味のある生徒はチャレンジしてみる価値は十分にあります。

N高のAdobeが無料になる件については、N高生はAdobe製品を無料で使える!その理由とは?にて詳しくまとめています。

社会人のスキルアップにもおすすめのN高のWebデザイン講座

社会人のスキルアップにもおすすめのN高のWebデザイン講座

N高のWebデザイン講座は高校生だけでなく、社会人の方にもおすすめです。

仕事をしながらWebデザインのスキルを身につけたい方や、キャリアチェンジを考えている方にとって、N高の講座は最適な学習の場になるでしょう。

中学生からWebデザイナーを目指すなら

Webデザイナーを目指すなら、中学生のうちから準備を始めるのがおすすめです。N高には、中学生向けのプログラミング講座もあります。

Webデザインを学ぶ前に、プログラミングの基礎を身につけておくことで、スムーズに学習を進められます。

将来を見据えて、早い段階からステップアップを図っていくのは良い選択と言えるでしょう。

ネットコース生徒もスクーリングで実践的に学べる

N高には、全国各地から通信制で学ぶ「ネットコース」の生徒もいます。

ネットコース生徒も、年に数回行われるスクーリングに参加することで、実践的に学ぶことができます。

スクーリングでは、講師による直接指導を受けられるだけでなく、生徒同士で切磋琢磨しながら学習を深められます。

普段は別々の場所で学んでいる生徒たちが、スクーリングを通じて交流を深められるのも大きな魅力です。

少人数制のクラスHで集中的に学習

N高のWebデザイン講座では、「クラスH」と呼ばれる少人数制のクラスが用意されています。

クラスHでは、通常クラスよりも授業時間が長く、集中的に学習を進められます。

定員が少ないため、講師が一人一人の理解度を確認しながら指導できるのがメリットです。

つまずきを放置せず、しっかりと理解を深めながらステップアップしていけるでしょう。やる気のある生徒におすすめのクラスです。

多彩な学びを提供するN高のコンテンツ

N高では、Webデザインに限らず、様々な分野の学習コンテンツを用意しています。

例えば、プログラミングや動画編集、イラスト制作など、クリエイティブな分野の講座が充実しています。

これらの講座を受講することで、Webデザイナーとして必要な幅広いスキルを身につけられます。

また、起業家教育やビジネス教養など、将来の仕事に役立つ学びも提供されています。

多様な学びを通して、生徒一人一人が自分の可能性を広げられる環境が整っているのがN高の大きな強みです。

Webデザインの学習の始め方

Webデザインの学習を始めるなら、まずは基礎から着実に積み上げていくことが大切です。具体的には、以下のようなステップで学習を進めていくのがおすすめです。

  • HTMLとCSSの基礎を学ぶ
  • Photoshop、Illustratorなどのツールの使い方を学ぶ
  • レイアウトやUIデザインの基本を学ぶ
  • JavaScriptやjQueryなどのライブラリを学ぶ
  • レスポンシブデザインやアクセシビリティについて学ぶ

N高のWebデザイン講座では、これらの項目をしっかりとカバーしたカリキュラムが用意されています。

基礎からしっかり学べる環境が整っているので、初心者でも安心して学習をスタートできるでしょう。

Webデザインスクールの学習期間の目安

Webデザインスクールの学習期間は、スクールによって様々です。短期集中型のスクールなら2〜3ヶ月程度、じっくり学べるスクールなら1年以上のコースもあります。

N高のWebデザイン講座は、在学期間の3年間を通して学べるのが大きな特徴です。

じっくりと時間をかけて、基礎から応用まで段階的にスキルを身につけられます。
また、自分のペースで学習を進められるので、個人の習熟度に合わせた無理のない学習プランを立てられるのもメリットです。

ただし、3年間もあれば、座学だけでなく実践的な経験もたくさん積むことができます。

在学中にバイトや制作実績を重ねられれば、卒業後にスムーズに就職やフリーランスとしての活動につなげられるでしょう。

Webデザイナーに数学は必要?

Webデザイナーに数学は必要

Webデザイナーの仕事に数学は直接関係ありませんが、論理的思考力は重要になります。

サイトの構造を考えたり、コーディングする際のロジックを組み立てたりする力は、数学的な素養があると身につきやすいと言えます。

ただし、高度な数学の知識が必要なわけではありません。中学レベルの数学の知識があれば十分で、むしろデザインセンスやクリエイティビティの方が重視されます。

N高のWebデザイン講座では、数学は特に必須科目とはなっていません。

苦手意識がある生徒でも、安心して学習に取り組めるでしょう。もちろん、数学的なトレーニングが必要だと感じる生徒は、適宜、数学の講座も受講することをおすすめします。

N高の入学条件と手続き

N高に入学するには、書類審査と面接審査に合格する必要があります。中学校を卒業していること、または高等学校を中退していることが出願の条件です。

出願の際は、願書や志望理由書、調査書などの必要書類を提出します。書類審査に合格した後、通学コースは面接審査が行われます。

面接では、N高での学習に対する意欲や、将来の目標などが問われます。

合格発表は、書類審査の2週間後、面接審査の1週間後に行われます。

合格者には、入学手続きの案内が送られます。学費の納入や、入学説明会への出席など、必要な手続きを経て、晴れてN高生となります。

N高のWebデザイン講座でプロを目指そう

N高のWebデザイン講座は、プロのWebデザイナーを目指す高校生や社会人にとって最適な学びの場です。

基礎からしっかり学べるカリキュラムに加え、現役のプロからの直接指導が受けられるのは大きな魅力です。

在学中から実践的な経験を積むことで、卒業後のキャリアにもつなげられます。

高校卒業とともに、即戦力となるWebデザイナーへと成長できるでしょう。

N高の手厚いサポートを受けながら、仲間と切磋琢磨しながら、Webデザイナーとしての一歩を踏み出してみませんか。

まとめ

  • N高のWebデザイン講座では高校生からプロレベルのスキルが学べる
  • 現役のプロのWebデザイナーから直接指導が受けられる
  • グラフィックデザインとコーディングの基礎を両方学べる
  • N予備校の充実した学習コンテンツが利用できる
  • N高生はAdobe Creative Cloudを無料で使える
  • 高校生でもWebデザイナーとしてバイトができる可能性がある
  • 社会人のスキルアップにもおすすめの講座である
  • 中学生からの早期学習でWebデザイナーを目指せる
  • ネットコース生徒もスクーリングで実践的に学べる
  • 少人数制のクラスHで集中的に学習できる
  • 在学期間の3年間をかけてじっくりスキルを身につけられる
  • Webデザイナーになるのに高度な数学の知識は必要ない

N高はプロの講師陣による質の高い指導、充実した学習コンテンツ、無料で使えるAdobe製品など、学習に必要な全てが揃っています。

在学中からプロを目指して学べるN高のWebデザイン講座で、Webデザイナーとしての第一歩を踏み出しましょう。

-プログラミング