広告 のろまま知恵袋

大学受験 持ち物チェックリスト!必須の物から便利なものまで

大学受験 持ち物

大学受験(共通テスト・2次試験)に向けて、必要な持ち物を準備することは、受験生にとって重要なタスクの一つです。しかし、何を持っていけばいいのか、どれくらいの量が適切なのか、迷ってしまう人も多いでしょう。

この記事では、大学受験 持ち物に関する情報をお届けします。日帰りで受験する場合と泊まりで受験する場合に必要な持ち物を紹介し、大学受験 持ち物チェックリストを作成しました。また、女子の受験生にとって気になる大学受験 持ち物 女子についても触れました。さらに、よくある質問にも答えました。

この記事を読めば、大学入試 持ち物:泊まりに関する疑問が解消されるでしょう。

大学受験 持ち物は1カ月前には揃えておこうというのが、この記事の結論です。ぜひ、参考にしてみてください。

この記事で分かること

  • 日帰りで受験する場合と泊まりで受験する場合に必要な持ち物の種類や量
  • 必須の持ち物やあると便利な持ち物の選び方や持参の仕方
  • 女子の受験生にとって気になる生理用品や化粧品などの持ち物のポイント
  • 受験前日や当日に役立つ持ち物や注意事項に関するよくある質問の回答

大学受験 持ち物チェックリスト

のろまま
のろまま

大学受験の持ち物は日帰り・泊まりに分けてチェックリストを作ったので良かった使ってください!

>大学受験の持物チェックリストはこちら

大学受験 持ち物の基本:日帰り編

大学受験に挑むには、必要な持ち物を忘れずに準備することが大切です。しかし、何を持っていけばいいのか、どれくらいの量が適切なのか、迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで、この記事では、日帰りで受験する場合に必須の持ち物を紹介します。これらの持ち物は、試験の前日までには揃えておきましょう。当日は余裕を持って出発し、試験会場に向かいましょう。

受験票はクリアファイルに入れて

受験票は、大学入試において最も重要な持ち物です。受験票がなければ、試験を受けることができません。受験票は、大学から郵送されるか、インターネットでダウンロードして印刷するかのどちらかになります。

受験票は、雨で濡れたり、折れたりしないように、クリアファイルなどに入れて持参しましょう。また、受験票には、受験番号や受験科目、受験会場や受験室などの重要な情報が記載されています。事前に確認しておき、当日は迷わないようにしましょう。

学生証や身分証明書も忘れずに

受験票を忘れたときや紛失したときは、学生証や身分証明書が役立ちます。受験票の再発行に使用するため、学生証または身分証明書は必ず持っていきましょう。身分証明書としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどがあります。

また、受験票と一緒に、受験案内や緊急連絡先などが記載された資料も持参しておきましょう。試験の注意事項や試験会場の地図などがあると、当日に役立ちます。

筆記用具・鉛筆の選び方

筆記用具は、鉛筆とシャーペンの両方を持っていくのがおすすめです。鉛筆は、マークシートに答えるときに必要です。シャーペンは、記述式の問題に答えるときに便利です。鉛筆とシャーペンの芯の太さは、0.5mm程度が適切です。

筆記用具は、鉛筆削りや替え芯、消しゴムなどと一緒に、筆箱やポーチに入れて持参しましょう。鉛筆の芯が折れたときや落としたときなどを想定して、予備は多めに持っていくと安心できます。

腕時計は音が鳴らないように設定をチェック

腕時計は、試験時間の管理に必要な持ち物です。試験会場には時計がある場合もありますが、自分の席から見えない場合やそもそも会場に時計がないこともあります。自分で時間を確認できるように、腕時計を持参しましょう。

腕時計は、アラームや音声などの機能がついている場合、試験前に必ずオフにしておきましょう。試験中に音が鳴ると、周りの受験生に迷惑をかけるだけでなく、不正とみなされる可能性もあります。置き時計は不可にされる可能性があるため、腕時計が無難です。

スマートフォンは電源を切ってカバンの中に

スマートフォンは、現代の受験生にとって必須のアイテムです。試験会場へのルート確認や、試験に遅れてしまいそうな場合の連絡手段として使います。また、試験後には、合格発表の確認や友達との連絡にも便利です。

スマートフォンのバッテリーが切れた際、すぐに充電できる環境にあるとは限りません。モバイルバッテリーも持っておくと安心です。なお、試験中は不正に思われないよう、必ずスマートフォンの電源を切ってカバンの中にしまいましょう。試験中にスマートフォンを見たり触ったりすると、不正行為として退場させられることがあります。

教科書や参考書は使い慣れたものを

教科書や参考書は、試験前や休憩時間の復習に使います。受験する大学の赤本(過去問題集)やそれを解いたノートも持参しておくと安心です。ただし、たくさんの勉強グッズを持っていくと焦りや混乱につながるため、持参する勉強グッズは絞るのがおすすめです。

持参する場合は、軽量で薄く、自信を持って解ける問題が掲載されている参考書を選びましょう。また、最後の見直しをする際は、自分ができないところをまとめた復習ノートが役立ちます。休憩時間に合わせて見直せるように、事前に見直す範囲を決めておくのがおすすめです。

財布や現金は不測の事態に備えて

財布や現金は、不測の事態に備えて持っておきましょう。交通機関の遅延やトラブル、病気やケガなど、予期せぬ事態に遭遇する可能性はゼロとはいえません。そのようなときに、現金がないと困ってしまいます。

また、交通系ICカードは、前もってチャージしておくと乗り換えがスムーズです。試験会場に向かう途中で、改札に引っかかると時間が無駄になります。試験会場の近くにコンビニや飲食店がある場合も、現金があると便利です。

飲み物は水筒に入れて持参すると便利

休憩時間の水分補給に飲み物も必要です。飲み物は、リラックスや気持ちの切り替えにも有効です。冷たいペットボトルの飲料でもかまいませんが、温かい飲み物を水筒で持参するのもよいですね。

水筒に入れる飲み物は、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが含まれるものや、レモンやハチミツなどのビタミンが含まれるものがおすすめです。カフェインは、集中力や記憶力を高める効果があります。ビタミンは、免疫力を高める効果があります。

ただし、飲みすぎるとトイレに行きたくなるので、適度な量にしましょう。また、試験中に飲むことはできませんので、休憩時間に飲むようにしましょう。

昼食は前日に買っておくと安心

昼食をコンビニなどのお店で購入して済ませる人は、試験会場のそばで購入するのではなく、前日に買っておくと安心です。事前に買っておけば、売り切れや行列のリスクがありません。

昼食に選ぶものは、消化が良くて栄養バランスのとれたものがおすすめです。おにぎりやサンドイッチ、サラダなどが適切です。揚げ物や油っこいもの、甘いものは、胃もたれや眠気の原因になるので避けましょう。

また、昼食は食べ過ぎないようにしましょう。満腹になると、血液が胃に集まって脳に行きにくくなります。脳に十分な血液が行かないと、集中力や判断力が低下します。昼食は、お腹が7分目くらいになる程度にしましょう。

新幹線や飛行機のチケットは紛失しないように

新幹線や飛行機のチケットが必要な人は、忘れていないか入念に確認しておきます。行きのチケットだけでなく、帰りのチケットも忘れていないか確認しましょう。

新幹線や飛行機のチケットは、紛失したり破損したりしないように、クリアファイルなどに入れて持参しましょう。また、予約番号や座席番号などの情報もメモしておくと安心です。

新幹線や飛行機の時間に余裕を持って、駅や空港に到着しましょう。遅延や欠航の可能性もありますので、早め早めに手が打てるように心構えが必要です。

ティッシュやハンカチは多めに持っておこう

ティッシュやハンカチなども必要です。急に鼻血が出たり飲み物をこぼしたりしてしまうかもしれません。少し多めに持っておき、対処できるようにしておけば、試験に集中しやすくなります。

また、ティッシュやハンカチは、緊張や不安を紛らわすのにも役立ちます。手に持って握ったり、顔に当てたりすると、心が落ち着く効果があります。試験前には、深呼吸をしながら、ティッシュやハンカチでリラックスしましょう。

生理用品は周期が変わる可能性もあるので

女性の受験生は、生理用品も持っておきましょう。ストレスや緊張によって生理周期が変わる可能性があるため、生理日と試験日がかぶっていなくても、生理用品の持参はしておきましょう。

生理用品は、ナプキンやタンポン、生理痛の薬などがあります。自分が使いやすいものを選びましょう。また、予備も多めに持っておくと安心です。生理中の受験は、体調や気分が不安定になりやすいので、できるだけ快適に過ごせるようにしましょう。

大学受験 持ち物の応用:泊まり編

日帰りで受験する場合とは違い、泊まりで受験する場合は、さらに多くの持ち物を準備する必要があります。見知らぬ土地で高校生1人でホテルに泊まる場合、どんなものを持っていけばいいのでしょうか。

この記事では、泊まりで受験する場合に必要な持ち物を紹介します。これらの持ち物は、自宅から出発する前にすべて持参するのが無難です。慣れない土地では、普段よりも揃えるのに時間がかかります。また、できれば前日までに試験会場に一度行っておき、下見をするのがおすすめです。

部屋着や寝間着は家のものを持っていくとリラックスできる

ホテルに泊まることに慣れていない人は、家の環境になるべく近付けると気持ちが落ち着くでしょう。家で着ている部屋着や寝間着を持参することで、心身ともにリラックスしやすくなります。

部屋着や寝間着は、清潔で快適なものを選びましょう。汗をかいたり、汚れたりしたものは、気分が悪くなるだけでなく、風邪の原因にもなります。また、寒いときや暑いときに対応できるように、上着やタオルケットなども持っておくとよいです。

枕は荷物がかさばっても持参する価値あり

「枕が変わるとどうしても眠れない!」という人は、荷物がかさばってしまいますが、思い切って枕を持参してもよいかもしれません。十分に睡眠がとれないと、寝不足で頭が回らないまま試験を受ける羽目になってしまいます。

枕の持参は大げさに思えるかもしれませんが、今までの勉強の成果を100%出し切るためと思えば、やれることはすべてしたほうが後悔がないでしょう。枕は、自分の好みの高さや硬さ、素材などに合ったものを選びましょう。また、枕カバーも清潔なものを用意しましょう。

入浴剤は疲れを癒すのに効果的

入浴剤を入れたお風呂に浸かると、1日の疲れが取れてぐっすり眠れます。飛行機や新幹線で長距離を移動する受験生や、緊張すると寝つきが悪くなる人におすすめです。

入浴剤は、香りや色、成分などによって効果が異なります。リラックス効果のあるラベンダーやローズ、血行促進効果のあるユーカリやジンジャー、保湿効果のあるミルクやハチミツなどがあります。自分の好みや体調に合わせて、入浴剤を選びましょう。

洗面用具は使い慣れたものを

多くのホテルでは、歯ブラシや歯磨きなどの洗面用具が用意されています。しかし、使い慣れたものを使ったほうが、普段の生活を思い出すことができ、リラックスした状態で試験に臨めるでしょう。特に自分の好みやこだわりがある人は、忘れずに持っていきましょう。

洗面用具は、歯ブラシや歯磨き、洗顔料や化粧水、シャンプーやリンスなどがあります。自分が必要とするものを選びましょう。また、コットンや綿棒、爪切りなども持っておくと便利です。ホテルのアメニティは、予備や非常時に使うとよいです。

健康保険証は万が一のときに必要

万が一の病気やケガに備えて、健康保険証を持参しましょう。健康保険証を持っていないと、病院での医療費を全額自己負担しなければなりません。受験中に体調を崩すことは、誰にでも起こり得ることです。

健康保険証は、自分の名前が書かれたものを持っていきましょう。親の健康保険証を持っていく場合は、自分の名前が記載されているか確認しましょう。また、健康保険証は、受験票やチケットと一緒に、クリアファイルなどに入れて持参しましょう。紛失や破損を防ぐためです。

防寒具はカイロや上着、ひざかけなどを

冬の受験は、寒さ対策が必要です。試験会場は、暖房が効いている場合もありますが、逆に暖房が効きすぎている場合や、暖房が効いていない場合もあります。自分で温度調節ができるように、防寒具を持参しましょう。

防寒具は、カイロや上着、ひざかけなどがあります。カイロは、手や足に貼るタイプや、ポケットに入れるタイプなどがあります。上着は、脱ぎ着のしやすいものを選びましょう。ひざかけは、毛布やタオルケットなどがあります。これらの防寒具は、寒さだけでなく、緊張や不安を和らげる効果もあります。

マツモトキヨシ楽天市場店
¥737 (2024/02/21 16:48時点 | 楽天市場調べ)

上履きは試験会場が土足厳禁の場合に

試験会場が土足厳禁の場合、外で履く靴とは別に上履きを持参する必要があります。普通は、受験案内に記載されていますので、事前にチェックしておきましょう。

上履きは、スリッパやクロックスなどの軽くて履きやすいものがおすすめです。また、上履きは、自分のものと間違えないように、名前やマーカーなどで目印をつけておくとよいです。上履きを持っていくと、靴を履き替える時間がかかりますので、試験会場には早めに到着しましょう。

雨具は折り畳み傘やレインコートを

急な雨や雪に備え、折り畳み傘やレインコートを用意しましょう。天気予報で当日の降水確率をチェックし、確率が高い場合は必ず持参しておくべきです。また、濡れた雨具を保管するために、ビニール袋も一緒に用意しておくと便利です。

雨具は、試験会場に入るときにはカバンの中にしまいましょう。試験中に雨具を見たり触ったりすると、不正行為として退場させられることがあります。雨具は、試験後に帰るときや、試験会場からホテルまでの移動に使います。

お守りは心の支えになるので持っていこう

家族や友達からもらったお守りもぜひ持っていきましょう。お守りは、心の支えになって、緊張が和らぐかもしれません。お守りは、神社や寺院で購入したものや、四葉のクローバーやラッキーアイテムなどがあります。

お守りは、カバンの中に入れて持参しましょう。試験中にお守りを見たり触ったりすると、不正行為として退場させられることがあります。お守りは、試験前には、深呼吸をしながら、お守りに願い事をするとよいです。

薬は眠気が出ないものを選ぶこと

薬は、体調管理に必要な持ち物です。風邪や頭痛、生理痛などの症状に対処できるように、薬を持参しましょう。また、普段から服用する薬がある人は、その薬を忘れずに持参しましょう。

薬は、眠気が出ないものを選ぶようにしてください。眠くなるタイプの薬は、試験に集中できなくなる恐れがあります。また、薬は、自分が服用しても問題ないものを選びましょう。初めて服用する薬は、副作用やアレルギーのリスクがあります。

Q&A:よくある質問に答えます

ここでは、泊まりで受験する場合に関する、よくある質問に答えます。もし、あなたが気になることがあれば、以下の回答を参考にしてみてください。

入試に参考書を持参してもよいですか?

入試に参考書を持参してもよいですが、試験中に参考書を見たり触ったりすることはできません。試験中に参考書を見たり触ったりすると、不正行為として退場させられることがあります。参考書は、試験前や休憩時間の復習に使います。ただし、持参する参考書は、軽量で薄く、自信を持って解ける問題が掲載されているものにしましょう。

受験に学生証は必要ですか?

受験に学生証は必要です。学生証は、受験票の再発行や身分証明のために使います。受験票を忘れたり紛失したりした場合は、学生証があれば試験を受けることができます。また、受験票には、受験番号や受験科目、受験会場や受験室などの重要な情報が記載されています。事前に確認しておき、当日は迷わないようにしましょう。

大学受験でシャーペンはダメな理由は?

大学受験でシャーペンはダメな理由は、マークシートに答えるときに不適切だからです。マークシートに答えるときは、鉛筆を使います。シャーペンの芯は、細くて折れやすく、マークシートにうまく印がつかないことがあります。また、シャーペンの芯は、色が薄くて見えにくいこともあります。マークシートに答えるときは、鉛筆の芯の太さは0.5mm程度が適切です。

受験前日にやってはいけないことは?

受験前日にやってはいけないことは、新しい勉強をすることや、夜更かしをすることです。新しい勉強をすると、混乱や不安になる可能性があります。夜更かしをすると、睡眠不足になり、集中力や判断力が低下します。受験前日は、これまでの勉強の成果を信じて、早めに就寝しましょう。

私立大学入試に持っていくものは何ですか?

私立大学入試に持っていくものは、公立大学入試に持っていくものとほとんど変わりません。必須の持ち物は、受験票、学生証、筆記用具、腕時計、スマートフォン、教科書などの勉強道具、財布、飲み物、昼食、新幹線や飛行機のチケット、ティッシュやハンカチ、生理用品などです。あると便利な持ち物は、試験会場までの地図、防寒具、薬などの体調管理に必要な物。

薬は、眠気が出ないものを選ぶようにしてください。眠くなるタイプの薬は、試験に集中できなくなる恐れがあります。また、薬は、自分が服用しても問題ないものを選びましょう。初めて服用する薬は、副作用やアレルギーのリスクがあります。

大学面接のカバンの置き方は?

大学面接のカバンの置き方は、面接官の視界に入らないようにするのがマナーです。面接官の視界に入ると、不快感や不信感を与える可能性があります。また、カバンの中身が見えると、面接官の興味をそらすことにもなりかねません。

カバンの置き方は、面接室に入る前に、受付や案内の人に聞くのがよいでしょう。もし、面接室に持ち込むことができる場合は、自分の椅子の下や横に置きましょう。カバンは、静かに置くようにして、音を立てないようにしましょう。

受験前日に何をすればいいですか?

受験前日に何をすればいいかは、人によって異なりますが、一般的には、以下のことをするとよいでしょう。

  • 早めに就寝する
  • 必要な持ち物を確認する
  • 試験会場までのルートを確認する
  • 軽い運動やストレッチをする
  • 好きな音楽や映画を見る
  • 家族や友達と話す

これらのことは、心身ともにリラックスさせる効果があります。受験前日は、新しい勉強をすることや、夜更かしをすることは避けましょう。新しい勉強をすると、混乱や不安になる可能性があります。夜更かしをすると、睡眠不足になり、集中力や判断力が低下します。

大学受験の最重要科目は何ですか?

大学受験の最重要科目は、受験する大学や学部によって異なりますが、一般的には、国語や英語、数学などの基礎科目が重要です。これらの科目は、多くの大学で必須科目となっており、高得点を取ることで合格率を高めることができます。

また、受験する大学や学部によっては、特定の科目に重点を置いている場合もあります。例えば、理系の学部では、物理や化学、生物などの理科系の科目が重要です。文系の学部では、日本史や世界史、政治経済などの社会系の科目が重要です。受験する大学や学部の傾向を把握して、最重要科目を見極めましょう。

以上が、大学受験 持ち物に関するブログ記事の内容です。この記事では、泊まりで受験する場合に必要な持ち物を紹介しました。また、よくある質問にも答えました。この記事を読めば、大学受験 持ち物について疑問が解消されるでしょう。大学受験 持ち物は1カ月前には揃えておこうというのが、この記事の結論です。

大学受験の持ち物は1ヵ月前から用意しよう!

大学受験の持ち物は、日帰りと泊まりで異なりますが、いずれにしても事前の準備が重要です。以下に、両ケースの持ち物リストと注意点をまとめました。

日帰りでの受験に必要な持ち物

  • 受験票と学生証:入試の最重要アイテム。
  • 筆記用具:鉛筆、消しゴム、シャーペンなど。
  • 腕時計:試験時間の管理に。
  • スマートフォン:電源を切って持参。

便利な持ち物

  • 教科書や参考書:試験前の復習用。
  • 財布や現金:緊急時のため。
  • 飲み物や昼食:休憩時間の栄養補給に。
  • 交通機関のチケット:移動手段の確保。
  • ティッシュやハンカチ:清潔を保つため。
  • 生理用品:必要な方は忘れずに。

泊まりで受験する場合に追加で必要な持ち物

  • 部屋着や寝間着:快適な睡眠のため。
  • :慣れた枕で安眠を。
  • 入浴剤:リラックス効果を得るため。
  • 洗面用具:使い慣れたものを持参。
  • 健康保険証:万が一の時のため。
  • 防寒具:寒さ対策に。
  • 上履き:土足厳禁の場合に。
  • 雨具:急な天候の変化に備えて。
  • お守り:心の支えとして。
  • :体調管理に注意して選ぶ。

このガイドが、大学受験に向けた準備に役立つことを願っています。

のろまま
のろまま

ドンドン進化する教材の関連記事はこちら

下から記事を選んで押すと、詳しいページへ移動できます。

-のろまま知恵袋