AmazonPrimeでスパイダーマンを観る

高校受験前でも勉強しない中学生の心理は?たった1つの毒親防止対策!

勉強しない 高校受験

この記事では、高校受験が直前なのに勉強しない息子(男子)についてまとめています。

 

 

スマホゲームを何時間もやっている

 

ユーチューブばかり見ている

 

塾で自習しようとしない

 

っという悩みは、高校受験前の母親にとっては重大な問題ですよねぇ。

 

そこで、即効性のある対処法が分かれば解決できます。ここでは、実際に高校受験に失敗した経験をもつリアルな声をお届けしますので、合格へ向けての参考にして頂ければ嬉しいです。

高校受験!勉強しない息子

学校

中学3年生で部活を引退し受験モードになってくれるかと思っていましたが、勉強をしている気配がない…本人と話すと、今の学力で行けるところなら何処でも良いと言う。

 

家から近い高校だったら最高!なんてあっけらかんとするありさま。親の心子知らずとは、このこと?お母さん、辛いなぁー。

 

高校受験まで残りわずか。我が子にできることって何でしょうか!

高校受験前に勉強しない子にしたことは?

勉強

受験前にやったこと

  • 塾に行かせる
  • 模試を受けさせて志望校判定
  • 英検・漢検をとらせる

 

高校受験となると、成績アップはもちろんしておきたい!塾代は家計の負担になるけれど、やりくりして夏期講習や冬期講習にも行かせてみる。

 

同級生は全員受けているんじゃないかと思う、志望校判定模試も何回も受験。英検3級と漢検3級は、受かる確率が低いけれど希望を込めて受験。やった方が良いことはやったつもりだった…

 

高校受験のために、どんどんお金が出ていく。

なんとか高校受験に合格できる!?

勉強

授業がある日は塾に行くが、自習をしに行く様子がなく困った。志望校判定模試の結果は、惨敗。「学校のテストで偏差値低いから、志望校下げてるのにどうしよう」

 

もう、資格獲得という状況じゃない!とにかく県立高校に合格してほしい。

失敗!勉強しない心理が理解できなかった

勉強

高校受験に失敗する理由は1つしかありません。

 

のろまま

子供の気持ちを理解すること!

 

なぜなら、高校受験に失敗した子は口を揃えて親に期待しても無理だから諦めていたと言います。高校受験がどんなに大事か教えてもらわなかったと…

 

良く声かけで子供を変えようというタイトルの本がありますが、それ以前の問題で子供の気持ちを理解することが最優先です!!その上で、対応の仕方を変えれば効果があるわけです。

高校受験の勉強をさせるためには?

学生

勉強しない子供に悩んだら「どんな気持ちで勉強しないのか?」といことを理解するとスムーズに解決します!

 

  • 合格圏に入っているからなのか?
  • 勉強方法が分からないのか?
  • 受験する気がないのか?

 

一言で勉強しないと言っても、子供によってやらない理由が違う…

安全圏で受かったつもりの場合

受験生

志望校判定模試で安全圏内だから大丈夫

 

わりと勉強ができたり、志望校レベルを下げると判定結果が良くでます!12月ごろまでに安全圏内だと、息子の気持ちに余裕が出てしまいます。

 

「オレ、もう合格だから!」なんて言っているようだと危険。しかし、高校受験の壁はクリアできたと思って安心しているのも理解しましょう。

 

志望校レベルを引き上げる必要はありませんが、キープもしくは入学後を考えて予習をしていきたい状況だということを分かっていませんね…

 

ここは、15歳そこそこの子供には見えてない部分。あくまでも、入試テストを受けて合格証明書が出るまでは決して合格ではないことを伝えて下さい!

 

私の知っている限り、偏差値60くらいの男子に多くみられるタイプです。せっかく学力があっても、中学校生活において素行不良になり内申書の評価が落とされ県内上位校の県立に不合格というケースは毎年のようにある。

 

ですから、高校の予習ができる教材を渡してあげてくだい。「入学でスタートダッシュできれば、女の子にモテるかもよ〜!」なんて言えば単純に「まじで?」っとなるのが思春期です。

どうやって勉強したら良いか分からない息子の場合

勉強に苦手意識が早い段階でついてしまって、今さらどこでつまずいたのかも分からないというケースも多くあります。

 

小学生の頃に算数への嫌悪感をいだき、中3になった現在はほとんど分からない…こうなると、親子間だけでの解決は無理です。

 

第3者が必要となります!おすすめは塾でなく家庭教師です。実は塾で苦手教科の克服はできません。

 

「塾だからできるでしょー!」っというなら、個人クラスで1教科1ヶ月で20,000円をかける必要があります。高額ですよねぇ…

 

集団授業では、中間層の学力に合わせるので分からない所が多くなってしまった子には時間と費用が無駄になってしまいますよ!

 

ですから家庭教師。まずは、資料請求や無料の体験で助けてあげて下さい!面と向かって話さなくても、楽しい高校生活を夢みているんです。その手伝いができるのは、母親だけ。

 

信頼できる家庭教師が見つかれば、勉強はします。私のママ友で、学校が嫌いなゲーム好きの子がいますが家庭教師を頼んで偏差値40まで上げることに成功!現在では楽しい高校生活を送っているようです。

 

合わせて読みたい

成績が上がれば高校受験の不安が絶対に減ります!無料で家庭教師25社を比較できる便利なものがあったので、合格のために無料で勉強方法見直してみましょう。

そもそも高校受験をする気がない場合

英語

いくら高校進学は将来の選択肢を広げると言われても、全く興味のない息子もいます。その場合、進路先を親子で話し合う必要があります。個人的におすすめなのは、好きなことを伸ばせる環境に身を置ける場所です。

 

どんな所があるのかは、子供だけでは調べることが難しいので親が中心になって資料請求をしましょう。

母親の勉強しないの?は意味がない

のろままさん

勉強しない息子に勉強しないの?っと聞くのは無意味…

 

聞いて勉強するなら、すでにやっているはず。そもそも親の不安を解消したくて聞いていること!息子を思っている質問ではないと思います。母親は、勉強したくなるような環境を作ってあげることが大切。

 

勉強の休憩で食べられるようなお菓子を用意したり、よく眠れるようにアロマの芳香剤を置いておくなど。子供を気遣う姿勢が、エネルギーになります。

 

まとめ

この記事では、「高校受験が目の前でも勉強しない」についてまとめました。

 

少し前まで母の膝の上にいた可愛い息子が、人生の分岐点を迎えようとしているのでなんとか良い結果を出したいと思いますよね。

 

それには、どうして勉強したくないと思っているのかを理解すことが早い解決方法となります。

 

もう一度、「どんな訳があるのか」考えてみて下さい。その理由に合わせて、母としてできることを今すぐやりましょう。

 

のろままさん

母の行動なしで、子供が変わることはない。

 

なぜなら、子供は向き合ってほしいと思っているからです。忙しい毎日ですが、子供の今は決して戻ってきません。

 

後悔しないよう、子供のためにできることはなんでもやりましょう!きっと、自分を分かっってくれたと安心して前に進んでくれます。

 

合わせて読みたい

学研の家庭教師について調べてみました。